D地方の総合病院病棟勤務で結核に感染

私は3年目の看護師で結核病棟勤務をしています。以前から家族からも結核菌に注意する様に言われ自分自身も不安な中での毎日の勤務でしたが、先日、現在も入院中のある患者さんが結核菌を排菌していたことが判明したため、私も直ぐに検査を受けた結果、結核感染偽陽性と診断されてしまいました。
その結果、予防的投薬を半年受けることになりました。今回は濃厚接触者の検診で解って良かったのですが、家族共々非常に驚いています。薬を飲み始めると副作用なのか手のしびれを感じ不安な毎日を過ごしています。薬代は思ったよりは安く結核審査会の承認も下りましたので、治療費の95%は公費で負担されますから安心しました。只、今後の結核の発症が怖くて不安なので念のためにドクターに聞きましたら、2年前は陰性だったので今回は予防的投薬の対象になったそうで結核の発病の心配はまず無いだろうと言われ安心しました。只、家族は今後も今の病院で勤務することに反対していますし、自分自身も少し不安があることは否めません。
基本的に健康であれば仮に結核菌に感染しても発病する恐れは無いということは十分解っていますが、自分の本音としてはこのまま今の病院の結核病棟勤務を続けるのかどうか迷っているところです。

Copyright(c) 転職に繋がる看護師の職場の悩み All Rights Reserved.