F都内の救急外来の忙しさは半端では無い

私は都内の国立総合病院の急性期の外科の病棟で4年間勤務した後、今年から救急外来の担当に変わりました。新卒後、現在の病院に就職が決まりしかも希望の急性期の外科の病棟に配属されて満足でした。また、急性期の外科の病棟の忙しさは相当なものでしたが、それなりに看護スキルがアップしていくことを実感しながらの毎日で充実した4年間でした。
そして、とうとう憧れの救急外来に配属されましたが、現在は毎日の仕事をこなすのに必死の状態です。毎日、ひっきりなしにやってくる救急車と緊急電話、1日に何回も起こる緊急事態と緊急オペの緊張感が連続する激務が続いています。また、救急外来は非常勤の医師も多く、毎日担当医が変わるのでドクター個々の対応の違いに慣れるだけでも大変です。そのため覚えることも膨大で、しかも、看護師の一つ一つの処置が患者の生死に関わっている様で責任を痛感してしまいます。外科の病棟では余裕を持って仕事に臨んでいましたが、今は余りの忙しさに家に帰る時は疲れ果てて身も心もボロボロです。ドクターも先輩看護師も皆同じ状態で、チームや救急外来全体のことを考えている余裕は無いようです。
この様な毎日が自分にとっていつまで続けられるのか非常に心配になります。

Copyright(c) 転職に繋がる看護師の職場の悩み All Rights Reserved.